「多々羅かぐや姫」について