全国的にも問題となる放置竹林の問題は、愛媛県今治市の大三島という小さな島でも大きな問題となっています。
大三島では柑橘の栽培が盛んに行われていますが、竹が園地に侵入し柑橘農家さんを困らせています。
また、高齢化と担い手不足により農業が衰退傾向にあり、耕作放棄地が増加、放置竹林の拡大に拍車をかける要因になっています。
多々羅かぐや姫はそんな放置竹林の整備事業を行い、事業に携わる人材の育成並びに間伐された竹の有効利用をすること。また、竹の新用途開発事業に取り組み地域の活性化に寄与する事を目的に活動を行う任意団体です。20150415_053410648_iOS