2016年6月14日 竹炭作り
 
今年の1月からはじめた竹炭作り、今回で3回目になります。
炭作りは奥が深く、竹の乾燥度合い・窯の温度・焚きつけ方などなど注意するポイントも多くあり、
質が良くきれいな竹炭を作るには何度も炭焼きを行い経験を積むのが重要だと実感しています。
今回の竹炭つくりは前回取り出しのタイミングが早く灰になってしまったものがあったので、
取り出しのタイミングを12時間から2日間に変えて行いました。
そして、今回は竹以外にもレモンや松ぼっくり、くり、ナスも入れました。

20160614_012710602_iOS20160617_043149021_iOS


結果は焚口の近辺が灰になってしまいましたが、ほぼ炭として取り出すことができました(^∀^)
竹以外のものはレモンがうまく形を保ったまま炭になり、そのほかはばらばらに崩れてしまいました。
今回の炭はスカスカしすぐに崩れてしまう物になってしまいました('д` ;)
今回は窯内の温度があまりあがらなかったのでそれが原因だと思います。
次回は上手くできるようにがんばります!!
20160617_043303420_iOS20160617_043205579_iOS20160617_045632975_iOS